wikiがあっても良いぐらいの町田友潤。現在はヤマハを退部しドラフトの可能性もない!

スポンサードリンク

wikiがあっても良いぐらいの町田友潤。現在はヤマハを退部しドラフトの可能性もない!2008年の度の常葉菊川の中で、

圧倒的な守備力で甲子園を沸かせた町田友潤選手。

町田友潤現在

町田友潤さんは前年2007年の春を制した時期から、

常葉菊川のセカンドを守り、

高校生とは思えぬ守備力で高校野球ファンを虜にしました。

「バンドをしない野球」を掲げる常葉の打線の中で、

町田友潤さんの打順は2番が多かったのです。

強打の2番打者として、春の決勝の大垣日大戦では、

第一打席にホームランを放つなど、

常葉打線の底知れぬ恐怖の象徴をした。

そんな町田友潤さんは高校卒業後、

ドラフトからプロ入りを期待されていましたが、

六大学リーグの早稲田に進学

しかし、町田友潤さんは早稲田を退部していたようです。

スポンサードリンク

町田友潤の現在

町田友潤さんは早稲田大学野球部をすぐに退部し、
空白の時期があり、その後、常葉時代のチームメイトであった戸狩がいる、
社会人野球のヤマハに入部したという。

町田友潤WIKI

町田友潤さんが社会人にて復活したことは、
静岡などでも話題になった。

また、動画サイトなどに投稿される、
町田友潤さんの華麗な守備のまとめ動画が有名となり、
コアなファンを多く抱えていた。

しかし、町田友潤さんは、
前々が腰の調子が優れないらしく、
ヤマハも退団していたという・・・。

町田友潤さんのファンは、
今後、社会人からドラフトを目指すとおもっていたので、
ヤマハの退部は、相当ショックだったみたいです。

 町田友潤にはドラフトにかかる可能性があった?

身長は低いにしても、
打撃センスは充分にあり、
守備もいうことなし、

早稲田でも、ヤマハでも、
順調に活躍を続けてれば、
ドラフトでプロ入りの可能性はあったことでしょう。

某動画サイトでは「すでにプロを超えている!」と書かれるほど、玄人の野球ファンを沸かせています。

よく、高校生のうちに、あれだけ洗練された守備力を身につけれたなと、町田さんの天性のセンスに驚愕する声が多いのです。

実際に、当時の常葉の試合の実況と解説者は、町田君に守備に対して「上手いとしか言葉が出ない」と、プロの中継でもなかなか聞けないような感想を述べていました。

ちなみに、
現在でも町田友潤さんは、
カリスマ的な人気を誇り、
使ってるグローブのメーカーを知りたがったり、
現役の高校球児などに大人気なのです。

「奇跡のバックホーム」で有名になった伊藤さんとは少し違う、
ある意味、それよりも偉大かもしれない、
町田友潤さんは、今後もレジェンドとして受け継がれることでしょう!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です