日大の千葉翔太はドラフトを狙えるのか?現在でも佐藤涼平にそっくりなプレースタイル?

スポンサードリンク

日大の千葉翔太はドラフトを狙えるのか?現在でも佐藤涼平にそっくりなプレースタイル?花巻東高校から日本大学に進学した、

2013年度の甲子園のヒーロー千葉翔太選手。

千葉翔太佐藤涼平

高校生時代は「カット打法」と「サイン」で話題になり、

高校野球ファンの間に、名前を轟かせました。

当時はカット打法を巡って多くの論争が起き、

それは今でもテーマになります。

千葉翔太のカット打法の今後

千葉翔太さんの野球センスは、

大学・社会人・プロと、

高校から先のレベルでどこまで通用するのか?

疑問に思う人もいるようです。

現在でも千葉翔太選手はカットの練習をしているようで、

高校時代のプレースタイルは継続されているみたいです。

しかし、まだまだ日大の主力選手とは言いがたく、

この先の3年時、4年時に期待されています。

ドラフトに関しては、

この先の大学での活躍次第だと思いますが、

まず、千葉翔太さんがプロ志向なのかも不明なので・・・。

もともとプロ野球選手になりたいというよりも、

社会貢献を考えるタイプに思えるので、

大学を卒業した後の千葉翔太さんの将来も期待したいです!

甲子園であれだけたくさんの想いをした球児なのですか・・・。

スポンサードリンク

千葉翔太の佐藤涼平にそっくりにプレースタイル

・小柄・打順上位・外野手・脚が速い

千葉翔太選手は、花巻東で有名になった当初、

同校の先輩でもある、佐藤涼平選手と比較がされました。

選手としての特徴からプレースタイルまでが似ているため、

多くの高校野球ファンが、「佐藤くんの再来だ!」と興奮しました。

野球で活躍するには大きな体で・・・・

強豪のレギュラーを張るなら最低でも170センチは・・・・

そんな間違った常識を覆した両選手は、

体の小さな野球少年にとっては希望の光だったでしょう。

これからも甲子園で、体の小さな選手が活躍する機会が増えればいいですね!

身長を気にして、上の世界での野球に自信が持てない選手は多くいると思いますが、

佐藤さんと千葉さんの例を語ってみたいと思います。

もちろん、コンプレックスを超えるには、それなりの努力が必要だと思いますが、

活躍すれば、また下の世代に夢を与えられて、恵まれた体で活躍するよりも、恩恵は強いはずです!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です