根尾昂が大阪桐蔭を進学先に!最速Maxは高校野球の常識を変える?スキーとの才能とプロドラフトへの道

スポンサードリンク

根尾昂が大阪桐蔭を進学先に!最速Maxは高校野球の常識を変える?スキーとの才能とプロドラフトへの道今年の大阪桐蔭高校に進学した1年生は、
全国からの超・天才級の集まりだと評判です。

そんなスーパー1年生の軍団の中でも、
一際注目されているのが根尾昂選手です。

飛騨高山ボーイズ時代から野球ファンの耳に残る伝説を残し、
進学先に、全国最強の大阪桐蔭を選んだことは話題中の話題です。

シニアとボーイズの天才軍団が集い大阪桐蔭に、
躊躇なく進学したということは、
それだけ、チームでエースになれる確固たる自信の表れでしょうか?

根尾昂の進学先は大阪桐蔭。しばらくは一人相撲?

ただでさえ甲子園で無双を繰り返す大阪桐蔭ですが、
有望な中学生の進学先と人気のようです。

ただ、中学時代にスター選手だったのに、
大阪桐蔭の野球部に入部してから、
ベンチやスタンドというパターンも多いのです。

やはり才能だけでは大阪桐蔭で試合に出るのは困難・・・・。

根尾昂進学先大阪桐蔭レギュラーベンチ背番号成績

それでも根尾昂選手クラスともなれば、
むしろプラスで良いごとだらけなのでしょうか?

2016年現在の大阪桐蔭のエースは、
最速で150キロを超える、プロ注目の高山投手。

3年生と2年生には、他にも140キロを超える好投手が多く、
根尾昂投手がエースナンバーを獲得できるのは、結局3年生になりそうです。

正直、根尾昂投手であれば、
他の強豪校では1年生からエースナンバーを背負い、
長く甲子園で躍動できた可能性が高いです。

しかし、それでも進学先を大阪桐蔭に・・・。

それだけ、あの高校には天才を惹きつける魅力があったということでしょうか?

これだけ天才クラスの選手を毎年集めることができるとなると、
しばらく、選手個人の話題の最前線は、大阪桐蔭の選手ばかり・・

まさに、一人相撲状態かもしれません!

スポンサードリンク

根尾昂の最速Maxは高校球児の常識を超える?

根尾昂投手は中学生の段階で、
最速Maxが146キロに到達するなど、
そのポテンシャルは桁外れです。

仮に高校で順調に成長していけば、
甲子園で150キロ代後半を投げる彼の姿が見れるかもしれません。

個人的には、1年生の段階で、
根尾昂投手は150キロに到達するのではないか?と・・・。

すでに最速で150キロに到達してる高山投手や、
そのほかの、クオリティの高すぎる控え投手など、
根尾昂投手にとっては、しばらく刺激的な日々が続くでしょう。

根尾昂最速Max球速スキープロドラフトスカウト評価彼女出身中学

バッティングも素晴らしい選手ということで、
根尾昂投手は、第二の松坂大輔のように称えられるかもしれません!

ある種、現代の高校野球の常識を変える可能性を秘めてます・・・。

根尾昂のスキーの才能

野球だけでなく、根尾昂さんはスキーの才能も備えているのです。

高校では野球一本に絞られますが、
仮にスキーを続けていたとしても、
将来的にはオリンピッククラスの選手に成長していたかもしれません。

根尾昂さんは中学時代に大きなスキー大会で優勝を成し遂げており、
オフ(冬場)でもスキーの練習に励んでいたようです。

野球と掛け持ちで、ここまで成果を出し続けるなんて、
天は根尾昂さんに2ブツも3ブツに与えてるようになります。

仮に根尾昂さんが大阪桐蔭で野球を引退したとしても、
持ち前の運動神経で、別のスポーツでも話題になれそうです!

根尾昂はすでにプロスカウト注目?ドラフト指名はほぼ確実!

ビッグな天才中学生ということで、
根尾昂さんの名前はすでにプロスカウトの耳にも届いているようです。

このまま順調に大阪桐蔭で活躍すれば、
確実にドラフト指名を受けるような格好になります。

ある意味、清宮の投手バージョンみたいなもので、
甲子園で天才ドラフト候補同士で対戦があったら面白いですね!

すげー先輩がたくさんいるということで、
高校生の時点で、投げすぎて体を壊すこともなさそうです。

根尾昂さんはプロ野球選手になる未来も見据えて、
大切に大切に育って欲しいですね!

1日でも早く上位チームの試合に出場して結果を出して、
プロスカウトの具体的な根尾昂さんに対する評価を聞きたいです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です