履正社高校野球部メンバーの出身中学と新入部員(2017)。岡田監督とツイッター

スポンサードリンク

履正社高校野球部メンバーの出身中学と新入部員(2017)。岡田監督とツイッターついに開幕直前に迫った2017年度の、
春選抜高校野球大会ですが、
今年の大阪代表は履正社高校に決まりました。

昨年の履正社高校はエースの寺島成輝投手を筆頭に、
夏の甲子園で優勝候補の横浜高校を破るなど、
大阪代表としての強さを遺憾なく発揮しました。

ここ数年間の甲子園の天下といえば、
大阪桐蔭のイメージが強いですが、
ここ数季は履正社高校に代表の座を奪われ続けてます。

2016年の秋の大会では、
育英、高田商と続けてコールド勝ち、
準決では滋賀学園に6−3、
決勝では神戸国際大付に8−2で勝利し、
無類の強さで近畿大会を制してます。

大阪桐蔭に負けじと、
優秀な選手が集まる履正社高校ですが、
今年2017年を戦うメンバーと、
新入部員の出身中学を調べてみたいです!

履正社高校野球部メンバーの出身中学と新入部員(2017)

1竹田 祐 2年 投手 生駒ボーイズ 大阪府出身 右投右打 182センチ83キロ
2片山 悠 2年 捕手 岸和田ボーイズ 大阪府出身 右投右打 174センチ83キロ
3白滝 恵汰 1年 1塁手 兵庫伊丹ヤング 兵庫県出身 右投左打 175センチ79キロ
4溝辺 冬輝 2年 セカンド 兵庫伊丹ヤング 大阪府出身 右投右打 167センチ64キロ
5安田 尚憲 2年 サード レッドスターBBC 大阪府出身 右投左打 188センチ92キロ
6西山 虎太郎 1年 ショート 兵庫伊丹ヤング 兵庫県出身 右投左打 180センチ64キロ
7◎若林 将平 2年 レフト 大淀ボーイズ 大阪府出身 右投右打 181センチ86キロ
8筒井 太成 1年 センター 寝屋川シニア 大阪府出身 右投左打 172センチ78キロ
9石田 龍史 2年 ライト 木津川シニア 京都府出身 右投右打 174センチ80キロ
10松井 百代 2年 控え 大阪市都島中学 大阪府出身 左投左打 180センチ78キロ
11田中 雷太 2年 控え 兵庫川西ヤング 兵庫県出身 右投右打 177センチ81キロ
12溝田 晃生 1年 控え 姫路アイアンズ 兵庫県出身 右投右打 174センチ73キロ
13竹村 慎 2年 控え 摂津千里丘シニア 大阪府出身 右投左打 182センチ82キロ
14桑山 洸樹 2年 控え 兵庫伊丹ヤング 兵庫県出身 右投右打 166センチ69キロ
15谷川 天哉 1年 控え 大東畷ボーイズ 大阪府出身 右投左打 168センチ64キロ
16松原 任那 1年 控え 北河内大東ボーイズ 大阪府出身 右投右打 186センチ64キロ
17浜内 太陽 1年 控え 松原ボーイズ 大阪府出身 右投右打 176センチ72キロ
18美野田 雄介 1年 控え 大淀ボーイズ 大阪府出身 右投右打 177センチ70キロ


身長180センチ超えの選手が7人も・・・。
そして強豪校にも関わらず、地元出身の選手が多いのも意外ですね!

1年生も関係なく1桁の背番号がもらえるあたり、
横浜や大阪桐蔭のレギュラー選びとは違う基準があることがわかります。

また、18人のメンバーのうち、左打ちが7人と、
左右のバランスが取れているのも強みでしょう!

竹田投手と安田選手ばかりに注目が集まりがちですが、
どの選手も中学時代に栄光を経験している粒揃いです。

履正社には毎年、兵庫伊丹ヤング出身の優秀な新入生が入部しており、
今年も多くの選手が入ってくることでしょう!

スポンサードリンク

履正社高校野球部の岡田監督とツイッター

履正社野球部の監督といえば、
岡田龍生監督が有名ですね!

大阪出身で出身高校は東海大姫路で、
大学は日本体育大学出身です。

大学を出てから社会人でプレーし、
桜宮高校のコーチを2年経て、
1987年から履正社の監督を勤めてます。

30年以上も履正社の監督をしているという、
いわば名物監督ともいえます。

大阪、兵庫、京都と近畿地区から優秀な選手を集められるのも、
岡田監督の長年の信頼関係、地域関係があるからでしょう。

岡田龍生監督は中学までバレーに打ち込んでおり、
野球を真剣に始めたのは高校生の頃だったらしいです。

身長のコンプレックスからバレーを諦め、野球を始め、
東海大姫路ではキャプテンサードで選抜甲子園に出場しました。

野球歴が殆どない状態で、名門校の主将とレギュラー獲得って、
漫画の世界でもありえない快挙ですよね?笑

また履正社の監督に就任したばかりの野球部は、
人数が全くおらず、他の部と兼用してる部員がいるほど、
大阪で有名な弱小中の弱小だったのです。

岡田龍生監督は攻撃はバントと走塁に力を入れ、
守備練習に力を入れて、「バントの履正社」と呼ばれるほど、
堅実でいやらしい野球を作り上げ、97年には甲子園に出場しました。

大阪で就任10年以内で夏の甲子園出場を決めるって、
普通に考えてすごいですよね・・・当時はPLや上宮など、強豪揃いでしたから。

岡田龍生監督の現在の方針としては、
「自分で考えた練習」をさせるそうです。

ヤクルトで活躍する山田哲人選手も、
いろんな種類のティーを打つなど、
一見変わった練習に凝ってます。

それもこれも岡田龍生監督の下で育った履正社高校時代の影響が強いのでしょう。

履正社高校の練習試合や公式試合、
または選手の情報を知るには、
履正社応援のアカウントツイッターがあります。

春選抜に向けて、
早実に11−6で勝ったスコアが、
固定ツイートされてるのが面白いです。
(これを見た人のほとんどが今回の甲子園の履正社の優勝を予想するでしょう)

履正社出身の選手のリツートもしてるので、
現在の情報だけでなく、OBの情報も知れて便利です!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です