日大三高野球部のメンバー(2017春選抜甲子園)出身中学。小倉監督と進学先

スポンサードリンク

日大三高野球部のメンバー(2017春選抜甲子園)出身中学。小倉監督と進学先今年2017年の春の甲子園は、
東京代表に清宮選手率いる早実が出場すると、
2015年の夏以来の注目が集まっています。

しかし、同じく東京代表として出場する、
日大三高さんも、注目度の高い存在です。

今年の日大三高さんは昨年の秋から圧倒的な強さを誇り、
東京都の大会では早実にサヨナラ負けしたものの、
準優勝という堂々たる結果を残し、春選抜に選出されました。

早実とギリギリまで互角に戦った実績は、
春の甲子園で大きな自信となっていることでしょう。

しかし、選抜の予選の相手は、
まさかの履正社高校です・・・。

優勝候補同士の戦いということで、
注目が集まっています。

日大三高野球部のメンバー(2017春選抜甲子園)出身中学

1 岡部 仁 3年 杉並区和田中学 東京青山シニア
2 津原瑠斗 3年 海星中(長崎) 長崎海星シニア
3 金成麗生 3年 相模原市相陽中 相模ボーイズ
4 大西 翔 3年 日野市日野第四 武蔵府中シニア
5 井上大成 3年 厚木市南毛利中 相模ボーイズ
6 日置 航 2年 上田第二(長野)上田南シニア
7 比留間海斗3年 笠間岩間(茨城)友部シニア
8 櫻井周斗 3年 所沢市東(埼玉)新座シニア
9 八木達也 3年 相模原市大沢  軟式
10 田口仁平 3年 江戸川区上一色 軟式
11 山崎奨斗 3年 内部中学(三重)四日市ボーイズ
12 高橋 遼 3年 清瀬第三(東京)東京城南ボーイズ
13 佐藤拓海 3年 田彦中学(茨城)友部シニア
14 長谷川央都3年 栃木市西方中  小山ボーイズ
15 柳沢真平 2年 板橋区西台中   東京練馬ボーイズ
16 金子 凌 2年 三和中学(栃木)小山ボーイズ
17 溝口耕平 3年 金旭中(神奈川)藤沢シニア
18 中村奎太 2年 八千代松陰(千葉)軟式
19 大塚晃平 2年 座間市西(神奈川)相模ボーイズ
20 吉見樹之介3年 日大三中     世田谷ボーイズ

スポンサードリンク

日大三高野球部の監督と進学先

日大三高野球部の監督を担うのは、
小倉監督で、これまで幾度も甲子園に顔を出してきました。

小倉監督は高校野球の特集によく登場し、
そこで見せる今の子に合った運命共同体の指導法が、
高校野球ファンの心を掴んでいます。

現在阪神タイガースで活躍する、
高山俊選手も日大三高出身で、
自分の野球人としての大切な時期に、
小倉監督と過ごした時間を語っています。

小倉監督は決して「最近の若い子は…」という言葉を使わない。「今の子は我慢を教わってないし、しかられ慣れてない。でも我慢の大切さを教えてやれば自分たちの頃より素直にやってくれますよ」。大切にしているのはコミュニケーション。千葉の自宅を離れて単身赴任で寮暮らしを続けているが、廊下で選手と擦れ違えば必ず声をかける。選手が熱を出せば氷枕をつくり、医者にも連れて行く。風呂だって一緒に入り、失敗談も隠さずに話す。自然と選手との絆は出来上がっていく。

「もちろん理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと。それがなければ絶対に育たないです」

上から押しつけるのではない。選手とともに歩む指導。甲子園できれいな大輪を咲かせたチームこそが、小倉監督の育成法が正しかったことを証明していた。引用元:http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2011/08/23/kiji/K20110823001468240.html

選手と一緒になって練習に励む姿や、
生徒個人と一生懸命向き合う姿が、
「まるで父親のよう」と好評です。

選手を六大学に送り、
そこでも活躍する選手を作れるのは、
「根性がある」選手を作ってきた証拠です。

優しい監督だと根性が育たないと思われがちですが、
その常識を打ち破ったことが、
小倉監督のすごいところだと思います。

自由な強豪の選手は、六大学に進学しても、
上の世界で潰れてしまうことが多いですからね・・・。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です