大阪桐蔭高校野球部メンバーの出身中学(2017年)春選抜(甲子園)。西谷浩一監督と徳山(エース)球速MAXと変化球

スポンサードリンク

大阪桐蔭高校野球部メンバーの出身中学(2017年)春選抜(甲子園)。西谷浩一監督と徳山(エース)球速MAXと変化球ついに開幕した2017年度の春の甲子園。

今年も出場を決めた大阪桐蔭ですが、
ここ最近では、派手は活躍を見せておらず、
同じ大阪の履正社に話題を奪われている格好です。

毎年、新入生にはとんでもないスターを入れたと、
高校野球ファンの間で話題が上がりますが、
夏の予選で衝撃の敗退劇を見せてきました。

しかし、昨年の秋には持ち前のパワーで、
見事に全国の強豪に善戦し、
再び甲子園に帰ってきました。

数年前までは、「しばらくは大阪桐蔭の天下がる続く」と、
信じて疑わなかったのに・・・高校野球って怖いです。

大阪桐蔭高校野球部メンバーの出身中学(2017年)春選抜(甲子園)

背番号1 徳山 壮磨 3年 投手 兵庫夢前クラブ 兵庫県出身 姫路市高丘中 右投右打 183センチ72キロ
背番号2 岩本 久重 3年 捕手 大津北シニア 滋賀県出身 大津市北大路中 右投右打 182センチ80キロ
背番号3 福井 章吾 3年 内野手 キャプテン 箕面ボーイズ 大阪府出身 豊中市第五中 右投左打 168センチ73キロ
背番号4 坂之下 晴人 3年 内野手 大正シニア 大阪府出身 大阪市港中 右投右打 170センチ73キロ
背番号5 山田 健太 2年 内野手 東海ボーイズ 愛知県出身 右投右打 183センチ82キロ
背番号6 泉口 友汰 3年 内野手 和歌山日高ボーイズ 和歌山県出身 和歌山市河南中 右投左打 176センチ68キロ
背番号7 山本ダンテ武蔵 3年 外野手 瀬戸内シニア 広島県出身 江田島市三高中 右投右打 174センチ74キロ
背番号8 藤原 恭大 2年 外野手 枚方ボーイズ 大阪府出身 豊中市第五中 左投左打 180センチ76キロ
背番号9 根尾 昴 2年 外野手 飛騨高山ボーイズ 岐阜県出身 飛騨市古川中 右投左打 178センチ75キロ
背番号10 香川 麗爾 3年 神戸中央シニア 徳島県出身 徳島市北井上中 右投右打 175センチ77キロ
背番号11 横川 凱 2年 湖北ボーイズ 滋賀県出身 米原市大東中 左投左打 190センチ82キロ
背番号12 宮崎 仁斗 2年 志貴ボーイズ 奈良県出身 右投右打 170センチ68キロ
背番号13 坂本 義生 3年 八尾中央ボーイズ 大阪府出身 八尾市曙川南中 右投左打 173センチ75キロ
背番号14 井上 大輔 3年 尾張ボーイズ 愛知県出身 養老町東部中 左投左打 175センチ70キロ
背番号15 木林 大介 3年 志貴ボーイズ 奈良県出身 奈良市登美ヶ丘中 右投右打 160センチ60キロ
背番号16 加藤 大貴 3年 海山シニア 三重県出身 紀北町潮南中 右投左打 180センチ68キロ
背番号17 西島 一波 3年 和歌山南紀ボーイズ 和歌山県出身 那智勝浦町下里中 右投右打 168センチ71キロ
背番号18 中川 卓也 2年 大阪福島リトルシニア 大阪府出身 右投左打 175センチ76キロ

大阪府出身5人、愛知県出身2人、滋賀県出身2人、奈良県出身2人、和歌山県出身2人、兵庫県出身1人、三重県出身1人、広島県出身1人、岐阜県出身1人、徳島県出身1人ですね。

特に注目されているのは背番号9番の2年生の根尾選手です。
中学生の頃からとんでもない結果を残し続け、
鳴り物入りで大阪桐蔭に進学しました。

ようやく、甲子園でその姿が観れるということで、
昔から注目していたファンは胸熱でしょうね!

スポンサードリンク

西谷浩一監督と徳山(エース)球速MAXと変化球

今年のWBCには大阪桐蔭出身のプロ野球選手が大勢選出されました。

中田翔選手、平田選手、藤浪投手などなど・・・。

一流のプロ野球選手を育てる腕のよさは全国屈指で、
横浜の渡辺監督が勇退された今、大阪桐蔭の西谷監督が実質1番でしょう。

まだ47歳という若さで、
これほどまでに甲子園で結果を残し、
プロで生きていける選手を何人も輩出し、
これから何年も高校野球の指導者としてトップに君臨しそうです。

過去、夏の甲子園最多優勝監督は、
3度を記録し、これは元PL学園の中村監督に並びます。

仮に4度目の優勝を決めてしまえば、
過去最多の優勝監督となります。

きっと、ここ数年以内に達成するでしょう・・・。

そんな西谷浩一監督に面白いニュースがありました、
なんと、部屋にベビースターが??笑

今大会でチームが宿泊する大阪市内のホテルで、サプライズがあった。宿舎入りした際、西谷監督の部屋に大好物のベビースターラーメンが置いてあり「びっくりしました」と、ホテルの配慮に驚き。ウエルカム・ベビースターラーメンの心遣いを支えに、大会を勝ち抜く。引用元:http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1794011.html

まず、西谷監督がベビースターが好きというのに驚き、
かなり庶民派なんですね!笑

ホテルの従業員の配慮もすごいです、
さすがは毎年甲子園に来るということで、
格好品もしっかりとマークしてたのでしょう、
最高のサービス業だと思います・・・笑

今年の大阪桐蔭のエースは徳山投手。

MAX145キロのストレートに、
キレのあるスライダーが持ち味で、
プロ注目の本格派投手です。

いきなり成長した豪腕ということで、
あせって調べた方も多いと思いますが、
昨年の春から甲子園のマウンドを経験してるのです。

例年の150キロクラスの大物投手はいませんが、
徳山投手には期待できます!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です