イチローが年齢に対する質問にイラつくわけはファンなら納得

スポンサードリンク

イチローが年齢に対する質問にイラつくわけはファンなら納得年々劣化したと噂が耳に入るイチロー選手。

しかし、実際のイチロー選手は、

走塁も守備も数年前とたいして変わらないのです。

イチロー年齢

ある野球の専門家は、

たまにイチロー選手が牽制のモーションに引っかかる場面が増えたと答えましたが、

それは年齢とはまた違うところの問題です。

イチロー選手はリードの方法を変えただけで、

投手のモーションに合わせて、あえて一歩引く方法を採用してるのです。

守備に関してはゴールデングラブの受賞がなくなったので、

そこの印象だけで見られてるのでしょう。

個人的には守備が一番ブレなく良く、

むしろ去年の後半はレフトの守備を当たり前にこなすという、

最強のファインプレーを披露した点、さらに関心しました。

スポンサードリンク



イチローは年齢によって劣化したのか?

年齢によっての劣化を指摘される一番大きな原因は打率と安打数だろう。

確かに減った。

けど、「劣化した」とか言ってる人は、

イチローの打席をどこまで見てるのでしょうか?

打球の飛ぶコースの悪さ。(相手の守備位置のうまさ)

内野安打ではなく、鋭い打球を打とうとする試み。

打順の変動によっての意識の変化。

変わったこと、運が悪かったことは数えきれないです。

ただ、ひとつ言えるのは、

空振り・三振の少なさは相変わらずで、

相手の得意球を待つ強気な姿勢も相変わらず。

イチローの本人の動体視力や意識レベルは劣化していないと思います。

ドキュメンタリーで「当たって欲しいところに当たらない」

という悩みがあったことを明かしてたが、

それは移籍後の後半戦で解決させていた。

それにその悩みは去年に限らず、

今までもたまにあった悩みではないか?

(てか野球選手だったら誰にでもある悩み期間)

年齢ではなく、もっと深い場所での問題だったと思える。

何も考えてない記者に年齢のことをゴチャゴチャ言われたら、

そりゃイラっとするでしょ。

俺もメジャーファン・マリナーズファンとしてイチローの成績にはシビアになってるけど、

年齢がどうとか、今はまだ関係ない話だと思う。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です